異性 話を合わせる

相手の異性に無理に合わせる必要はない

気になる男性と会話が出来ると嬉しくて男性の話に合わせてしまった経験はないでしょうか。

 

男性に限らず、友人同士の会話でも場の雰囲気を読んで相手に会話を合わせてしまう事はありますが、それをずっと続けるとどんどん自分が出せなくなって苦しい思いをしてしまいます。知識はないのに知ったふりをして会話に参加していると、見当違いなことを言ってしまい、痛々しいイメージを持たれてしまうこともあります。

 

それでしたら話を合わせるのではなく、興味を持っている。全く知らないから教えてほしい。など正直に話をした方が相手も自分の好きなものの話ですので饒舌になります。

 

あなたも偏見がなくなることもありますし、知らなかった新しい世界を知ることも出来ます。色々なことを質問しながら会話を成立させることが出来るので、無理に話を合わせるより自然な会話が出来るのです。

 

同じように服装や趣味もきっかけ作りにと他の人に合わせて自分には似合わない服装や趣味に手を出してもストレスや必要のない疲れが溜まってしまいます。興味を持って挑戦する事はいいことだと思うので、やってみて合わないと思ったら断念するのも大切なことです。

 

合わせ過ぎず、違うと思ったら意見を言う事も大切です。勿論言い方によっては角が立ってしまいますので注意が必要ですが、あまり流されず自分の意思をもって相手と話をする方がお互いを高めあえますし、等身大の自然な自分を出す事が出来ます。

 

友人も恋人も、趣味や好みが同じ人ばかりではありません。好みが違ってもお互いを認め合うことが出来れば長続きするのです。